So-net無料ブログ作成

今日の鳥見(2009/4/29) [観察(野鳥)]

4月29日は夏鳥を見に、お山へ。
午前6時半頃に到着しましたが、気温は2度程度ととても寒く、
鳥の鳴き声も例年より少ない状態・・・。

最初に聞こえてきた声は、常連のミソサザイ。
そして、ゴジュウカラとセンダイムシクイ。

gojyukara090429.JPG

暫くは、ウグイスを観察した後、夏鳥の探索に力をいれてみる・・・が、全然・・。
センダイムシクイの声はそこそこ聞こえるが、オオルリ等ヒタキ類の声は遠くから
時折聞こえる程度・・。

結局、常連をみて楽しむことにしましたが、治山工事の影響か、セキレイやカワガラスがいませんでした。

[ ヒガラ ]
higara090429.JPG

[カケス]
kakesu090429.JPG

アカヤシオの花の数が例年より少なく、新芽も少なく、今年は僅かに春の到来が遅いようです。
でも、こんなのが飛んでいたので、ほんの数日で変わるでしょう。
[ キベリタテハ ]
kiberitateha090429.JPG

[[ 観察種 ]]
カワウ キセキレイ ミソサザイ ホオジロ アオジ ノジコ アトリ シメ
イカル カワラヒワ アカハラ コルリ ルリビタキ オオルリ ウグイス センダイムシクイ
エゾムシクイ ツツドリ コゲラ ノスリ シジュウカラ ヤマガラ コガラ ヒガラ
ゴジュウカラ エナガ メジロ ヒヨドリ キジバト カケス ハシブトガラス ハシボソガラス
<32種>

午後は帰りがけに近所の自然公園による。
人が多く、鳥の気配は極僅か。しかし、何箇所かでオオヨシキリが叫んでいました。
キジも、湿地のど真ん中で叫んでいました。
kiji090429.JPG
池ではコガモがまだ数羽残っていました。 午前中にはサンカノゴイがいたらしい。
kogamo090429_1.JPG
kogamo090429_2.JPG

草地で、シロバナタンポポが咲いていたらしく、探してみましたが、どうやら
既に綿毛になっている様子。見つけることは出来ませんでした。

[[ 観察種 ]]
カルガモ コガモ カワウ アオサギ カイツブリ バン ハクセキレイ ホオジロ
カワラヒワ シメ ウグイス オオヨシキリ モズ コゲラ キジバト シジュウカラ
メジロ スズメ ムクドリ ヒヨドリ ハシブトガラス
<21種>



今週の鳥見(09/04/25-26) [観察(野鳥)]

25日は、山に行く予定でしたが、大雨の予報。
諦めて、近所の公園での鳥見に切り替えました。

着いた頃から雨が降っていたため、カメラマンも少なく落ち着いて見られることを
期待しましたが・・・鳥の出は今ひとつ。気温も低いためか、あまり動かなかったようです。

暫くは、エゾムシクイ、キビタキ、クロツグミの声も聞こえ、コマドリまで飛び出してきましたが
雨が強くなるにつれて、シジュウカラの声すら聞こえなくなる始末。昼近くまで粘りましたが、
諦めて帰宅。

[ ハシブトガラスもずぶ濡れで動くのが億劫そうでした ]
hasibuto090425.JPG

[オマケ: ヒダリマキマイマイとコミスジの戯れ]
コミスジがカタツムリに絡んでましたが、何をしていたんでしょうね(^_^;)
katatumuri090425.JPG

26日はまだ雲は残っていましたが、雨は小降り、空も晴れ間がのぞいていました。
用事があるため、早朝から1時間半程度の鳥見でしたが、前日と違い、とても賑やか
でした。 最初はオオルリの声が目立ち、ノジコの姿も確認できました。
ooruri090426.JPG
ooruri090426-2.JPG

ノジコは残念ながら撮れず・・。

暫くすると、オオルリよりもキビタキが目立つようになりました。
kibitaki090426.JPG

夏鳥は、他にもセンダイムシクイの声がよく聞こえました。

アオジやアカハラも彼方此方で声を響かせていました。(鳴いてるところは撮れなかった)
aoji090426.JPG
akahara090426.JPG

今年はまだ、ツグミやシメが目立ちます・・。
tsugumi090426.JPG

[[ 観察種 ]]
カルガモ コチドリ イソシギ コサギ アオサギ ハクセキレイ ビンズイ ツグミ
アカハラ シロハラ クロツグミ コマドリ オオルリ キビタキ コサメビタキ ウグイス
センダイムシクイ エゾムシクイ セッカ マヒワ シメ イカル カワラヒワ ホオジロ
アオジ クロジ ノジコ コゲラ モズ キジバト キジ オオタカ
シジュウカラ メジロ スズメ ムクドリ ヒヨドリ オナガ カケス ハシブトガラス

[[ 外来種 ]]
コジュケイ

<< 41種 >>

本日の鳥見(09/04/05 [観察(野鳥)]

今日は近所の公園と貯水池で鳥見。
昨日の山歩きで全身筋肉痛のため、軽めの機材でぶらぶらと・・。

桜が満開のため、人出が多く、鳥は落ち着かない状態でした。

まず、目に付いたのはアオジの群れ。
明るいところに20羽程度が群がって、餌を探していました。
アオジの囀りも彼方此方で聞くことができました。
aoji090405.JPG

冬鳥は渡りの途中のようで、群れでいる種が目立ちました。
[ツグミ]
tsugumi090405.JPG

[ベニマシコ]
benima090405.JPG

森のなかでは、ヒヨドリばかりが目立って居る状態で、鳥を探している人も極僅かでした。
種類が少ないわけではなかったけど・・・。

貯水池の方もカモ類がほとんど居なくなり、湖面で目立ったのはオオバンやカイツブリ。
ooban090405.JPG

あとは、ユリカモメやセグロカモメがちらほら。 コチドリが数羽、飛んでいました。
yurikamome090405.JPG

ジョウビタキもまだまだ残っています。
jyobi090405.JPG

河川敷では、可憐なサクラソウが咲いていました。
sakurasou.JPG

[[ 観察種 ]]
カルガモ コガモ キンクロハジロ カイツブリ カワウ ユリカモメ セグロカモメ オオバン
コチドリ イソシギ コサギ ダイサギ アオサギ ハクセキレイ セグロセキレイ タヒバリ
ホオジロ アオジ クロジ ツグミ アカハラ ジョウビタキ ウグイス セッカ
アトリ シメ ベニマシコ コゲラ アカゲラ モズ キジバト ツバメ
チョウゲンボウ キジ シジュウカラ メジロ ヒバリ スズメ ムクドリ ヒヨドリ
カケス ハシブトガラス ハシボソガラス

<< 43種 >>

2009-04-04 [観察(野鳥)]

今日は丘陵地帯を何箇所かハシゴしながらの鳥見。

カメラマンが大勢集まっているような場所を避けたかったのと、
これからの季節、山歩きをすることが増えるため、今の体力の
確認をかねて、いくつかの山を機材フル装備で昇り降りしました。

山中でも、桜は咲き始め、種類によっては満開、あるいは終わってしまっている
状態でした。ミツバツツジが既に咲き始めてました。
アオゲラやアカゲラのドラミングや鳴き声が彼方此方から響き、カラ類以外の
鳥たちも囀るようになりました。 そして、夏鳥、オオルリの姿も確認できました。

ヤマガラも桜の花に囲まれて、気持ちよさそうでした。
yamagara090404.JPG

ルリビタキの若オスも、一生懸命囀りの練習をしていました。
ruribi090404.JPG

場所によっては、レンジャク達も目立ちました。
[キレンジャク]
kirenjyaku090404.JPG
[ヒレンジャク]
hirenjyaku090404.JPG

シメを始め、冬鳥達はだんだん目立たなくなってきました。
sime090404.JPG

【観察種】
カルガモ コチドリ イカルチドリ コサギ ダイサギ アオサギ カワウ カワセミ
ハクセキレイ セグロセキレイ キセキレイ ビンズイ ホオジロ アオジ クロジ ツグミ
アカハラ シロハラ ルリビタキ オオルリ ウグイス アトリ イカル シメ
ウソ カワラヒワ ベニマシコ コゲラ アカゲラ アオゲラ モズ キジバト
キレンジャク ヒレンジャク キジ ヤマドリ オオタカ トビ シジュウカラ ヤマガラ
コガラ ヒガラ エナガ メジロ ヒバリ スズメ ムクドリ ヒヨドリ カケス
ハシブトガラス ハシボソガラス

-- 外来種 --
ガビチョウ コジュケイ

<< 計52種 >>

はしごしただけあって、この時期にしては多くの種類が確認できました。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。