So-net無料ブログ作成

今週の鳥見(11/22-11/23) [観察(野鳥)]

11月3連休の初日・・

午前中は紅葉を見に、吾野東郷公園へ。

祭りの準備中のようで、すこしごちゃごちゃしていましたが、とても綺麗な場所でした。

momiji02.jpg

momiji01.jpg

momiji03.JPG

午後から、某丘陵地で鳥見。
珍しく、鳥が少なく特に記述無し(^_^;)
ジョウビタキすらいないとは・・・

[ 観察種 ]
カルガモ アオサギ ハクセキレイ セグロセキレイ ビンズイ ツグミ ウグイス カワラヒワ
シメ ホオジロ アオジ コゲラ キジバト モズ オオタカ シジュウカラ
ヤマガラ エナガ メジロ スズメ ヒヨドリ ハシブトガラス

[外来種]
ガビチョウ

< 23種 >

翌日は、某古墳群でカモでも見ようと行ってみる。

早速目に付いたのは・・今季はどこに行ってもいるような、アトリ。
ただ、他の場所と違い、木の上で長時間ジッとしていることが多かった。
atori02.JPG
atori01.JPG

お堀を見てみると、いるのは常連のカルガモ、マガモ、コガモだけ。
私が子供の頃と比べると、数はそう変わらないが、見られる種類は減っている気がする。
magamo03.JPG

= オマケ =
某古墳周辺の名物「ゼリーフライ」です。おいしかったです(^_^)
zeriefurai.JPG

[ 観察種 ]
カルガモ マガモ コガモ バン カワウ カワセミ アオサギ ハクセキレイ
ツグミ ジョウビタキ ウグイス アトリ シメ カワラヒワ ホオジロ アオジ
コゲラ モズ キジバト シジュウカラ ヤマガラ メジロ スズメ ムクドリ
ヒヨドリ カケス ハシブトガラス ハシボソガラス

< 28種 >

午後は某自然観察公園へ。年々人が多くなる・・・。
最初に裏の湿地に回ったら、ルリビタキを誘き出そうと囀り声を流している人たちがいた。
餌付けだけでなく、こんなのも禁止して欲しい。

人が群がっているところを避けて、公園から外れた別の森で暫く鳥見することに。
ツグミ科の大きな群れがいて、ツグミを中心に、アカハラ、シロハラ、マミチャジナイなどが
混ざっていました。 暫くすると、バラバラと南に向かって飛び始めたので数を数えてみたら
200羽を超えていました。まだ渡りの途中・・。

他には、アトリやカシラダカが目立ちました。

[ 観察種 ]
カルガモ マガモ コガモ バン カワセミ ダイサギ アオサギ カワウ
ハクセキレイ セグロセキレイ キセキレイ ツグミ シロハラ アカハラ マミチャジナイ トラツグミ
ジョウビタキ ウグイス ルリビタキ アトリ カワラヒワ シメ ベニマシコ ホオジロ
アオジ カシラダカ コゲラ アカゲラ アオゲラ アリスイ モズ オオタカ
チョウゲンボウ シジュウカラ ヤマガラ メジロ スズメ ムクドリ ヒヨドリ ハシブトガラス
ハシボソガラス

[ 外来種 ]
ガビチョウ コジュケイ

<43種>

今週の鳥見(11/15) [観察(野鳥)]

今週は車の6ヶ月点検、店が開くまでの1時間半ほど、某自然公園で鳥見

この時期にしてはカメラマンが多く、何かが居るような雰囲気。
鳥の気配も随分多かったようでした。

暫くは、人が集まっていそうな箇所を避けて回る。
あちこちで、シメの「ピチピチ」と言う声。
shime02.JPG
ツグミもあちこちで鳴いていましたが、まだ木の上で見にくい状態でした。

上空で時折、「シュンシュン」という声と共にマヒワの群れが通過、
でも、マヒワは降りてこない。
僅かながらアカウソもいましたが、これも公園の外側で落ち着いていない状況。

そして「ヒョンヒョン」という声と共にアトリの群れ、これはあちこちに降りてくる。
次々と集まってくるカメラマン達の目当てはこれみたいだった。

atori01.JPG

池を見ると、もうマガモ、コガモの常連組みだけ。
magamo02.JPG

時々、カワセミが飛んできました。
kawasemi01.JPG

ジョウビタキはあちこちで元気に声を張り上げていました。
jyobiko02.JPG

アリスイもあちこちで、元気に鳴いていました。
arisui01.JPG

まだ草や木の葉が多く、見にくい状態でしたが、カヤクグリ、アカゲラ、アオゲラなども見られ、
ビンズイやカシラダカ、アオジの姿も確認。
カラ類も、常連のシジュウカラ、ヤマガラの群れの中に、僅かにヒガラが混ざっていました。
ゴジュウカラも1羽確認できました。この辺りでゴジュウカラをみるのは10年ぶりぐらいだろうか。
居ついてくれれば、冬の楽しみも増えそうですが・・。

[ 観察種 ]
カルガモ マガモ コガモ ダイサギ アオサギ ゴイサギ バン カワセミ
カワウ ハクセキレイ ビンズイ ツグミ ジョウビタキ ウグイス アトリ マヒワ
カワラヒワ シメ アカウソ ホオジロ アオジ カシラダカ コゲラ アカゲラ 
アオゲラ アリスイ キジバト キジ モズ カヤクグリ ノスリ シジュウカラ
ヤマガラ ヒガラ ゴジュウカラ メジロ スズメ ムクドリ ヒヨドリ カケス
ハシブトガラス ハシボソガラス

- 外来種 -
ガビチョウ コジュケイ

< 44種 >

今日の鳥見(11/3 [観察(野鳥)]

先週はまたまた、更新し忘れ・・。

今週は無性にヤマガラに会いたくなって、確実に会える丘陵地帯に行ってきました。

yamagara02.JPG
yamagara01.JPG

存分にヤマガラを堪能できましたが、・・この鳥の欠点は人を恐れず、近くに来てしまう・・。
あまり鳥に近づかなくてもいいよう、スコープには高倍率接眼を常備しているため、
近すぎて撮影はきつかったです。

他によく目立ったのは、イカル。 そしてアトリやマヒワの大群。いっぱい居たのに、
立ち止まるといっせいに飛び立ってしまって、証拠写真すら撮れなかった。

アカゲラやアオゲラも随分目立ちましたが、まだ木の葉が多く、全身を見ることは出来ませんでした。

jyobiko01.JPG
ジョウビタキはあちこちにいましたが、ここに来るジョウビタキやルリビタキの縄張りは非常に広く、
一度飛んでしまうと、1時間以上帰ってこない。


丘陵地を一回りした後は、ハクチョウ渡来地へ。
目に飛び込んできたのは・・・
ootaka02.JPG
お食事中のオオタカと、おこぼれを頂戴しようとするカラス達。
ハクチョウを含め、カモ科の鳥たちはほとんど見られず。

[ 観察種 ]
カルガモ カワセミ カイツブリ カワウ ハクセキレイ キセキレイ セグロセキレイ ビンズイ
タヒバリ コサギ ダイサギ アオサギ ジョウビタキ ルリビタキ ウグイス セッカ
アトリ カワラヒワ マヒワ イカル シメ ホオジロ アオジ クロジ
カシラダカ コゲラ アカゲラ アオゲラ キジバト モズ ヒバリ シジュウカラ
ヤマガラ ヒガラ エナガ メジロ オオタカ ノスリ トビ ヤマドリ
スズメ ムクドリ ヒヨドリ カケス ハシブトガラス ハシボソガラス

ガビチョウ コジュケイ

<<48種>>



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。