So-net無料ブログ作成

今週の鳥見(9/27) [観察(野鳥)]

今週は近場の貯水池での鳥見。

セイタカアワダチソウに止まるノビタキでも・・と思ったけど、遠くに1羽確認できただけ。
しかも・・・土手の草刈が始まってしまっていたので、来週はあまり期待できないかも。

湖畔に出てみると、ひらひらと飛ぶ白い鳥が目に飛び込んできた。
ここでは久々にみるアジサシでした。
[アジサシ]
ajisasi01.JPG

遠かったのと、強風のお陰で証拠しか撮れませんでした。

湖畔をずーっと歩き回っても、目に付くのはカワウとウミネコ、そしてサギ類。
上空をコガモの小群が飛んでいました。強風のため、湖面にウインドサーファーが
多くくりだしていたため、カモ類は目立たず。

放水路の方に行ってみると、ちょうど水が引いていて、サギ類が目立ちました。
[アオサギ]
aosagi01.JPG
[ダイサギ]
daisagi01.JPG

イヌタデの赤い花がいっぱいある場所があって、そこに鳥でも来ないかと思ったけど
来るのは花のないところばかりでした(^_^;)
[カワラヒワ]
kawarahiwa01.JPG

= 観察種 =
カルガモ コガモ アオサギ ダイサギ コサギ ゴイサギ ウミネコ アジサシ
イソシギ カワウ カワセミ ハクセキレイ ノビタキ ウグイス セッカ カワラヒワ
ホオジロ コゲラ モズ キジバト イワツバメ ヒメアマツバメ チョウゲンボウ
トビ シジュウカラ スズメ ムクドリ ヒヨドリ ハシブトガラス ハシボソガラス
(30種)

今週の鳥見(9/20-9/23) [観察(野鳥)]

飛び石連休の初日は実家に戻ったので、所用を済ませた後、夕方から
近所の自然観察公園を散策。デジスコや一眼は持たず、双眼鏡とコンデジのみ。
冬と違って、カメラマンもおらず落ち着いて観察できました。
(何年か前までは冬でもそんなにいなかったんだけどねぇ・・)

緑が濃く、草丈も高いため鳥はなかなか見えませんでした。上空にはオオタカ。
でも、鳥の気配自体は少なくなく、もう少し葉が落ちれば、というところ。
キビタキの声がちらほら聞こえて姿も1度みることができました。

園内にはこの花が目立ちました。
[ツリフネソウ]
DSC00862-s.JPG

写真は撮り忘れたけど、大豆の原種といわれるツルマメもかなりありました。
小さな枝豆がたくさん実っていました。

= 観察種 =
カルガモ アオサギ キビタキ ホオジロ シジュウカラ メジロ キジバト モズ
スズメ ヒヨドリ オオタカ ハシボソガラス (12種)

= 外来種 =
ガビチョウ


21~23日は家から徒歩数分の近所の河原を散策ついでに観察。
そろそろ、コガモでも、と思って探してみました。 いなかったけどね(^_^;)

川の中には大きなコイがたくさん泳いでいました。
PICT3690-s.jpg
カルガモと並ぶと大きさがわかると思います。釣れると面白いサイズですが・・
これなら網で掬えます(^_^;)

コサギは元気に小魚を追っていましたが・・コサギも減ったような。
PICT3687-s.jpg
PICT3700-s.jpg

上流の方にはカワセミ狙いと思われるカメラマンが何人か居ました。
何年か前から目立つようになってきたけど、私が引っ越してきた7~8年前に
ここで鳥を撮っていると変な目で見られました。声をかけられ、撮ったカワセミや
サギの写真を見せて、誤解を解くために丁寧に説明したことも・・。
でも2~3年前に「カワセミ復活」なんて記事が新聞に載ったらしく、それからですかね、
カメラマンも増えてあまり変な目では見られなくなりました。

オマケ:
PICT3714-s.jpg
道を挟んで、鉄道のガード下に大手のカー用品店があるのですが、その敷地の一部に
彼岸花が植えられていました。

= 観察種 =
カルガモ コサギ アオサギ ゴイサギ カワウ カワセミ ハクセキレイ イソシギ
アマツバメ スズメ ムクドリ ヒヨドリ オナガ ハシブトガラス ハシボソガラス


本日の鳥見(08/09/13) [観察(野鳥)]

今日も先週と同じ場所で鳥見。

先週と違って情報が入ったのか、時間が経つにつれて人がどんどん増えてました。

シジュウカラやメジロもだいぶ増え、それに混ざって、ヒタキ各種やサンコウチョウ、ムシクイが
随分混ざっているようでした。

mejiro01.JPG
sankoucho01.jpg

早朝はさすがに暗く、見つけてもすぐに見失ってしまうような状況だったので、
暫く、森に隣接する田んぼを歩いていると、チュウサギが随分と目立ちました。
上空にはツバメに混ざって、ショウドウツバメが飛び、時折ジシギも飛んでいたが
田んぼにはほとんど降りていなかった。
syodotsubame01.jpg

ノビタキを探して草の天辺を見ながら歩いていたが、セッカの若鳥ばかりが目立ちました。
sekka02.JPG

諦めて、森に戻ろうとしたところ、尾羽をフリフリする茶色い鳥が現われました。
ようやく見つけたノビタキ、4羽ほどいました。
nobitaki02.JPG

暫く独り占めして楽しんだあと、森に戻ると人が更に増えていました(^_^;)

明るくなって、鳥の動きもだいぶ見やすくなったため、エゾビタキやコサメビタキ、オオルリ、キビタキ
なども見ることができました。

ezobitaki01.JPG

= 観察種(鳥類)=
カルガモ コサギ チュウサギ ダイサギ ゴイサギ ハクセキレイ イソシギ チュウジシギ(?)
ノビタキ オオルリ キビタキ コサメビタキ エゾビタキ サンコウチョウ ウグイス セッカ
センダイムシクイ エゾムシクイ カワラヒワ ホオジロ ツバメ ショウドウツバメ イワツバメ
ツツドリ キジバト モズ ヒバリ コゲラ シジュウカラ メジロ スズメ ムクドリ ヒヨドリ
オオタカ ノスリ ハシブトガラス ハシボソガラス (37種)
(外来種) コジュケイ

なんだ? こいつは? [観察(野鳥以外)]

今朝6時頃、仕事に行くためにチャリンコで駅に向かっている途中、
ふと、カゴのなかを見るとなにかいる・・。

自転車を止めてみると、カゴの裏側に逃げました。
よく見ると・・、

080912_060131.jpg

ヤモリでした(^_^;)

慌てて携帯で1枚パチリ。

捕獲して、もっと大きく撮ろうと思ったけど、まだ子供で小さかったため隙間からすぐに逃げてしまう。
指で押さえつけようと思ったけど、トカゲやカナヘビと違い、結構ヤワなので諦めて解放。
とっても不恰好な走りで逃げていきました(^_^;)

ヤモリをみたのは、多分20年ぐらいぶりだったので、嬉しくなって通勤途中にも
かかわらず、20分ぐらいこんな感じで遊んでしまいました(^^ゞ

トカゲとは違う、手の上を這い回ったときの吸い付くような独特な感覚は面白いですね。


今週の鳥見 [観察(野鳥)]

今週は近場の森で鳥見

ヒタキ等の情報が回ってないため、バードウォッチャーやカメラマンは僅か。
人が少なかったので、落ち着いて鳥見は出来たけど、あまりいませんでした(^_^;)
シジュウカラもあまり目立たない有様。

でも、南に帰る夏鳥はちらほらと確認できました。

写真はハシブトガラスだけしか撮れませんでしたが(^^ゞ
hasibutogarasu01.JPG

しかし、毎週雨で嫌になってしまいますね。

= 観察種(野鳥) =
コサギ オオジシギ ハクセキレイ オオルリ サンコウチョウ センダイムシクイ ホオジロ
カワラヒワ トビ ツツドリ キジバト シジュウカラ ヤマガラ メジロ コゲラ スズメ ヒヨドリ
ハシブトガラス (18種)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。